こんばんは、桜の宮さらです。

 

今回も【わたしのセクシャル世界観】をお伝えしていきます。

 

 

わてくしにはいろいろ語れる女友達がいました。

 

一緒に遊びに行ったり、おっぱい星人の彼のことも相談したし、うまい肉を食べに行ったり

 

いい友達ですね^^

 

で、彼女は同性愛だったのね。

 

知り合ってしばらくしてからカミングアウトされたんだけど、「そうなんだ~」って聞いていただけでした。

 

ある日、電車がなくなって、彼女の家に泊まらせてもらうことになったの。

 

お風呂に入ってから横になり、寝るために電気を消した後も、ゲラゲラ笑いあって寝ずにいたら、

 

 

彼女の手がさりげなく伸びてきて、キスされた。

 

え?!?!?(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

と思ったけど

 

わてくしが抵抗しないのを見て、彼女はまたチューをしてきた💋

 

そして

「好き、、」

って

小さい声で彼女が言った。

 

彼女はわてくしが男性を好きだって知っているし、わてくしと彼女って、色気ゼロなくらいおバカで下品な話をしていた仲だったから、彼女がわてくしのことを、友達以上に好きってまったく思ってなかったの。

 

これにはびっくりした(゚□゚)

 

あら、でも、、、、

 

女の子って柔らかい、、、

 

くちびるもふわふわだし、くっついてるからだも優しい感じ。

 

彼女のくちびるや手は、とっても優しく、少しずつ、わてくしに触れていて、、

 

なんだろう、、満たされる感じがする。

 

チュッチューッってちょっとずつ唇を吸われているうちに、からだ全体の力が抜けて、なんだか気持ちよくなってきた。

 

あれ、どうしよう

気持ちいい、、、

 

女の子だから逆に気持ちいいの!?

彼女がテクニシャンなの!?

てかどうしよう!?

 

戸惑いつつも、その心地よさに、払いのけることもしないでいたら、

 

彼女の舌が口に入ってきて、、

 

彼女がわてくしのシャツのボタンを外し始めた。

 

ええっ!

脱がされる( ゚Д゚)!?

 

でも、ふわふわして心地いい、、

 

触られてるのも気持ちいい、、

どうしよう、、

 

このまま身をゆだねるのも悪くないかしら、、

 

と、頭がもうろうとして、、

 

、、次に続く!