こんばんは、桜の宮さらです。

 

今回も【わたしのセクシャル世界観】をお伝えしていきます。

 

 

「短期、ヘルプならOK」ということで、始めることになったホステスのお仕事。

 

緊張しながらも出勤すると、

 

「初めまして~!!!(≧▽≦)」

ってめっちゃ元気なママ。

 

「名前なんだっけ?

さらちゃん?

さなぎちゃん?

なぎさちゃん?

 

あ、

なぎさちゃんぽいから

なぎさちゃんでいきましょ♪」

 

ってことで、源氏名は渚ちゃんに即決まり(笑)

 

ママのおかげで、急激に緊張が解けました。

 

さすがママ!

 

まずは、お店のシステムや、接客のしかたを教えてもらいます。

 

先輩のホステスに付いてやり方を学べばいいし、無理しなくていいよとのこと。

 

でもいざ席についてみると、、

 

めっちゃ緊張するー!!!

 

しかも人が足りなくて、最初から一人でテーブルにつくことに(^_^;)

 

ついたテーブルのお客さんは、常連の中年の男性ひとり。

 

既にかなり酔っていて、しかも機嫌が悪かった。

 

お酒をつくって出したものの、何を言っていいかわからず、でも「なんか言わなくちゃ」、と思って出てきた言葉が、

 

「いい男ですね」

 

・・・思ってもないのに言ってしまったorz

 

そしたらべらんめえ口調で、

 

「何がいい男だ」

 

って返された。

 

(あっ。バレた。すいません。嘘でしたorz)

 

・・・もうダメダメ(笑)

 

なんかもう意気消沈して、ママにギブアップを伝えに行きました。

 

で、いったん休んで別のテーブルに。

 

今度は初出勤のわてくしに優しくしてくれるお客さんで、楽しい会話になった。

 

初出勤祝いでボトルを入れてくれたのはいいけど、元気づけようとしてかたくさん飲んでいる🍷

 

いっぱい飲んでいる🍷🍷

 

それにしてもたくさん飲んでいる🍷🍷🍷

 

そしたら!

 

お客さんがソファから転げ落ちて、ぶっ倒れた!!!

 

ギャー飲みすぎじゃー( ゚Д゚)

 

お客さん運ばれていったよ、、orz

 

わてくし、向いてなくね!?

お店破壊してね!?

( ゚Д゚)( ゚Д゚)ワナワナ

 

それでも、何回か出勤していたら、普通にできるようになってきたけど、ずっと疑問がありました。

 

「ホステスってこんなものなの?

これって楽しいの?

わてくし向いてないのでは?」

ということです。

 

「お酒を頂きながら、お客さんと話をして喜んで帰っていただく」

 

ということに、、「すごく楽しい!充実感がある!!」という風にはならなかったのです。

 

でも「仕事ってそういうものかな」という気もするし。

 

そこでママに尋ねてみたの。

ママはとても楽しそうに仕事をしているから。

 

「ホステスに向いている人はどんな人ですか?」

って。

 

そしたらね、、